踏む.韻 fumu.in

細川貴英のブログです。

厚切りジェイソンと韻

ジムでたまたま付いてたテレビに厚切りジェイソンが出ていたのでその話。

 

厚切りジェイソンになりたい

ビジネスマンとしてのキャリアに興味があって本名のほうで調べてたら、LinkedInで厚切りジェイソンを見つけた。IT企業役員ってのは知ってるけど、コンピュータサイエンスでマスター取ってかつてはエンジニアとして活躍してたのね。すごいなぁ。

 

僕もWebエンジニア件ラッパーなので、なんというか、まじでこういう生き方をしたいという目標ではある。でも、この話をしたいがために厚切りジェイソンについて書き始めたわけじゃない。

 

あと、別に「Linked 韻」とか言いたくて書き始めたわけでもない。

 

アメリカでは韻は当たり前

で、ちゃんと韻の話にいくと、厚切りジェイソンの名前の由来を調べてみると、「厚木に住んでいたのと、胸板が厚いから。それに本名のジェイソンを付けた」って書いてあるのね。

厚切りジェイソン - Wikipedia

これは本人談っぽいけど、「厚切りベーコン」にかけたというどう考えても当たり前の事実にまったく触れられていないあたり、いかに英語圏では韻を踏むことが生活の一部か伝わって来る。

 

韻を踏まないと怒られる小学生

このLITTLEさんとの対談のときにも話題に出たんだけど、アメリカとかの英語圏では、小学校で先生に「詩を作ってきなさい」っていう宿題を出されたら、韻を踏まないと怒られる、と。

realsound.jp

日本人が「俳句を作ってきなさい」っていう宿題を出されて五七五にしてこなかったら怒られるよね。それとまったく同じ感覚。

それぐらい、英語圏においては韻というのは当たり前の存在で、ラップだけでなく普通のその辺の歌も韻だらけ。

 

もう本当にほぼ全部の曲がそうだから例は何でもいいんだけど、最近まで街中でよく流れてたと思うからマライアキャリーのクリスマスのやつ。

I just want you for my own

More than you could ever know

Make my wish come true

All I want for Christmas is you

 

こんな感じで、英語の韻はラップに限らない。生活の一部。日本人にとっての五七五と同じで、全員が理解しているもの。

 

厚切りジェイソンが芸名を考えるとき、きっといろんな韻の候補が浮かんだに違いない。その中から、ベーコンを選んだのは、厚木に住んでいるという事実と引っ掛けられるから。きっとこういう順番。そう、最初に韻ありきなのである。たぶん。

 

まぁ英語にはいろいろ韻の定義があって、ジェイソン(Jason)とベーコン(Bacon)は厳密には不完全韻(Imperfect rhyme)なんだけど、その話はそのうち。

 

www.amazon.co.jp

 

Twitterやってます。

twitter.com

なんでも野球選手名で歌っちゃう人

「韻を踏む」つまり「母音を合わせる」という観点から、いつか紹介したいと思っていた動画。

 


槇原敬之「どんなときも。」を野球選手名で歌ってみた

 

この人は、ひたすらいろんな曲を「野球選手名で歌ってみた」シリーズとしてアップし続けてる人なんだけど、本当にすごい。すべての曲で、最初から最後まで、母音を一致させている。どういうことかというと、

僕の背中は自分が

思うより正直かい

誰かに聞かなきゃ

不安になってしまうよ

は、母音が、

おうお えあああ い うんあ 

おおう おい おおいい あい

あえあい いあああ

うあん いあえ いあ う お

だから、プロ野球選手で歌うと、

小久保 瀬間中 李 駿太

後藤 森 大引 甲斐

武上 今中

フアン 今江 嶋 呉 陽

になる、といった具合。この調子で、最後までいってしまうどころか、この曲以外にも何十曲も量産している。恐るべし。

 

まずマッキーのモノマネが上手すぎるというのもあるけど、歌詞を見ずに聞くと、本当に原曲を聞いているかのように聞こえてくるはず。これは、聞き心地のよさを追求する上で、母音の一致がいかに大切かよくわかる例だと思う。

 

ところどころオチをつけてくるあたりも秀逸。亀井もサビ前の李大浩も最後の原監督も好きだけど、韻を踏むという観点からこの曲の中で一番好きなのは、

好きなものは好きと

が、

杉谷 野茂 カスティーヨ

になってる部分かなぁ。ラップで良質な韻を踏むときの基本でもあるんだけど、

  • できるだけ長い一単語で踏む
  • 固有名詞で踏む
  • 日本語と英語で踏む
  • 単語の切れ目が違うように踏む

この4つをことごとく満たすカスティーヨたるや!!

 

まとめ

母音の全部合わせで一曲だから、もはや「韻を踏む」というレベルを超えてるけど、これって何ていう言葉遊びに分類されるんだろう。絶対音感ならぬ絶対韻感というのはまさにこれだ。

 

www.amazon.co.jp

 

Twitterやってます。

twitter.com

SMAP解散で韻を踏む

世間はSMAPの話題で持ちきりですが、時事ネタで韻を踏んでいこうと決めた僕は

なんてことを言っていたら、会社のラップ好きの先輩が、

って返してきて、これは素直にまじでうまいと思ってしまった。

 

文末のウ段 

まず前提として、韻を踏むためには母音が合っていればいいから、「SMAP解散」の最後の「ん」は無視していい(あと「っ」とか「ー」も。ちなみに無視したくないときはしなくてもいい)。ここまでは本の中にも書いたとおり。

www.amazon.co.jp

だから、「SMAP解散」「うあっうあいあ」で、「STAPありま」と母音が一致する。

「STAPあります」の最後の「す」が余ってるように見えるけど、日本語の文末のウ段の音は(日本語って動詞が最後に来るからウ段の音で終わりやすいんだけど)、母音が発音されないことが多い。

「STAPあります」って言うときは「STAPありまs」って言ってるはず(※ちなみに関西弁ではこの「す」の母音はめっちゃ発音するから、小保方さんが関西弁だったら成立しなかった韻だ)

 

ちなみにこの「s」が韻的に無視できる例は、たとえばKREVAの「THE SHOW」の歌い出し

1月頭のほうから12月末まで

歩み止めないミュージカルハスラーで

人の心に通じなくちゃつまんねえ

でも見られる。赤くした部分は母音が全部

うーいあうあうあえ

 なんだけど、「ミュージカルハスラーです」の最後の「す」は「ミュージカルハスラーでs」って感じの発音だから、不自然じゃない。

 

というわけで

SMAP解散

STAPあります

は、(小保方さんが関西弁じゃないかぎり)韻を踏んでいると言っていい。

 

ちなみに上に書いたとおり伸ばす音も無視できるから、実は「STAPあります」「STAPありまぁす」にしても韻は保てる。

 

悔しくなるとダジャレ化する傾向

悔しくなってスナック菓子をやけ食いしていたら、今度はそのスナック菓子で何かいけそうになってきたのでもういっちょ。

母音は両方「うあっうあいあんおう」で全部合ってるんだけど、例の「踏み始めと踏み終わりは子音も合わすの法則」を駆使して、最初と最後「す」「しょく」あたりを合わせた(「っ」は無視可能)。

 

ちなみに子音まで合わせ始めるとどんどんダジャレになっていってしまうのがオチなんだけど、その結果、

までいってしまった。

なかいさんまじか

なかいさんまじか

これはもう全部一緒だ。こうなるとダジャレ。

 

しかしデーブスペクターは、その斜め上をいっていた。

 

なんていうか、このふたつが同じ「ダジャレ」って呼ばれるの、おかしくない?!

完全に別ジャンルの言葉遊びじゃん。

 

まとめ

デーブスペクターまじリスペクト。

 

ラッパーが馬鹿にされる風潮

昨日書いた記事が思ったよりバズってびっくりした。

www.fumu.in

 

これだけバズると、はてブのコメントを見ていても賛否両論あって面白い。普段は放置なんだけど、テーマがテーマだけに、ラッパーっぽくdisコメントに対してアンサーするってのも面白いかなぁと思ってやってみようと思う。

 

揚げ足を取ってくる人はどの分野にもいるわけだけど、韻を踏もうとしている人にとっては揚げ足を取られるのが一番辛い。だって、踏もうとしてるんだからね!足を取られたらどうしようもない!

 

正直今のが言いたくてパソコン開いた感あるからもうこれで満足なんだけど、このまま惰性で最後まで書きます。書く前からだいたい想像してたけど、この手の記事に対する反論は3タイプある。

 

パターン1: 韻だけが重要じゃない。

韻踏むことだけが重要なワケじゃないから。パンチラインとしての言葉の重みがあったからこの文が評価されたわけで・・どや顔で語って恥ずかしいわ - emetto のコメント / はてなブックマーク 

 

顔がでかいとはよく言われるけど、ドヤ顔と言われたことはあんまりないし、万が一そう見えるとしたら生まれつきだから仕方ない。それはごめん。で、その前の部分。要は「ラップは韻だけじゃない」って議論。

 

それは同意だよ。僕だって韻だけがラップだと思ってないよ。フロウもパンチラインも、その他HIPHOPの文化諸々尊重してるよ。それは同意なんだよ。

 

ただ僕は、日経が韻踏んでないという事実が気に入ってないんじゃなくて、あの日経の記事をとりあげたメディアが「韻を踏みすぎていると話題に」っていうタイトルをつけたことが気に入らないだけなんだよ(T-T)

踏んではいるけど踏み「すぎ」てはないもん絶対。そしてそのことは、重要だから(読んでないかもしれないけど)記事の中でもわざわざ二回も触れたんだよ(T_T)

 

 

パターン2: 韻が重要なのはわかるけど長く踏むだけが韻じゃない。 

ラップ好きですが、文字数多くないと韻踏んだことにならない、というのは違うと思います。 http://neralt.com/rhyme-type/ これを読んでほしい - ccmjki03 のコメント / はてなブックマーク

 

そうです。そう言われると思ってこういう記事を過去に書いて、そこへのリンクも貼ったんです。

www.fumu.in

 

長く踏むだけが韻じゃないってのには、僕も同意。こう思ってる人にこそ、上の記事を読んでほしかったんだよ(T_T)

だから(クリックしてないかもしれないけど)記事の中にリンクを貼ったんだよ(T_T)

 

 

パターン3: 日経のやつは韻踏んでないかもしれないけど、みんなが語呂がいいと感じたんだからそっちのほうが正義じゃないか。

見方が逆で、なぜ多くの人がそれで良いと思ったのか?だろ。とにかくリズムを感じたんだよ。できることはその理由を後からつけることだけだ。 - thesecret3 のコメント / はてなブックマーク

 

これはいい指摘!本当そう思う。なぜ多くの人は、それで良いと思ったのか、ってのを説明すべきだった。そしてしていなかった。申し訳ない。

 

これに関しては、最初に挙げた、メディアが「韻を踏みすぎていると話題に」って取り上げ方をしたってのもあるけど、もうひとつ言いたいことがあって、あの記事に、「ラッパーを馬鹿にしたニュアンス」があるってこと。

 

この記事を書いた人とかこの記事を面白がった人たちは、心のどこかでラッパーを馬鹿にしてると思うんだ。「日経新聞がラッパーw まじリスペクトw」みたいな。

 

ラッパーが馬鹿にされる風潮ってずっとあるよね。それはジョイマンのせいとかじゃなくて、いや、ジョイマンのせいか。

 

いや、ジョイマンのせいでも妖怪のせいでもバッハの旋律を夜に聞いたせいでも何でもいいんだけど、とにかくラッパーがヨーチェケラーメーンとか言って馬鹿にされる傾向はある。で、ラッパーが馬鹿にされる理由のひとつって、「韻って誰でも踏めるでしょ」って思われてることなんじゃないかな。

 

で、そこで普通の人が想像してる韻って、まさに日経新聞の記事みたいな「見えぬ展望!VAIO統合!」みたいなやつだと思うのです。

 

こんなの誰でも踏めるよって思ってる人たちに向けて、いや、本当の韻ってのはこんなにすごいんだぜ!十文字以上母音を合わせちゃうんだぜ!ってのを、見せつけてやりたかっただけなんです(T_T)

許して(T_T)

 

まとめ

ごめん、disコメントに対してアンサー返すとか宣言したのに、全部同意した(T_T)

 

www.amazon.co.jp

 

Twitterやってます。

twitter.com

日経新聞はラッパーになれたのか

やっぱり、この話題に触れざるを得ない。

headlines.yahoo.co.jp

 

年末にネット上で話題になったこの記事、覚えている人も多いはず。この記事のおかげで中西哲生さんのラジオに電話出演させてもらってこれが韻かどうか解説したりしたんだけど、結局中西さんがラップをやって下手でみんな爆笑して終わるという流れになってしまったので、ここでしっかりと解説したい。

パソコン苦境、見えぬ展望 

東芝・富士通・VAIO統合

...まぁ、踏んでないよね?

 

揺れる韻の定義

いやまぁ踏んでるかもしれないけど、少なくとも現代の日本語ラップの感覚からすると踏んでない。90年代ならまだしも、今これを踏んでると見なすラッパーはいないと思う。

 

いや、百歩譲ってこれを「広義の」韻としよう。それでも、この記事のタイトルにあるように「韻を踏みすぎて」はいないよね?少なくとも。

 

日本人の韻リテラシー

「日経新聞がラッパー気取ってるのに韻全然踏めてないw」って面白がる記事ならいいんだけど、「日経新聞韻踏みすぎw」って流れになってるのはおかしいよね?

 

まぁこれを面白がる人は誰も韻に興味ないんだからどっちでもいいんだろうけど、こういうのが話題になったときに、誰かが空気を読まずに真顔でちゃんと本当のことを言わないと、こういう分野の発展は見込めないわけです。韻に限ったことではないけど。

 

そして、こういうときのために真顔で生まれてきたのが、僕です。こんにちは!

声を大にして言います。日本人の韻リテラシーはOECD諸国の中で群を抜いて低い。みなさん、自覚してください!

 

ホンモノの韻ってのはなぁ...

韻はこんなもんじゃないっていうのは2000年ぐらいにみんな知るチャンスはあったのです。たとえば、KICK THE CAN CREWの「マルシェ」。みんな歌えるでしょ?

ひがみも妬みも話のネタに

ほほえんでるぜ裸足の女神

太字にした部分の母音が「ああいおえあい」 で一致している、と。

で、このあと、

さらにおねだりする禁断の実

って続いていくけど、ここもしれっと「ああいおえあい」になっててさっきと一緒、と。

 

これが韻です。母音を7文字とか合わせるの。2002年にはこのレベルの韻がテレビでも街中でも流れてたわけです。みんなが聞いていたわけですよ。

 

ここで重要なのは、「東京生まれHIPHOP育ちの悪そうな奴」らだけじゃなくて、善良な市民までもが、この良質な韻を聞いてたってこと。だってこの曲カラオケで練習してた中高生多いでしょ?上の歌詞知ってるでしょ?

僕も三重県生まれだけどカラオケで歌ってました。 悪そうな奴はだいたい怖かったけどこの曲は歌ってました。

 

2002年って14年前ですよ。 どんだけ韻の文化が一般に普及してないんですか!あの頃のラッパーが14年後に、

 

「VAIO統合!」おおー、日経新聞すげーw」

 

って未来を想像してたと思いますか?悲しすぎる!!

全部ジョイマンのせいだ!

 

で、日経新聞はどうなの?

あらためて、何でこの記事のタイトルが韻を踏んでないのか言いますよ。

パソコン苦境、見えぬ展望

東芝・富士通・VAIO統合

これをひらがなで書くとこうです。

ぱそこんくきょう みえぬてんぼう

とうしばふじつうばいおとうごう

合ってる母音二文字って!それを韻と呼ぶのはやめてほしい。これについては、この記事で書いたとおり。

 

www.fumu.in

 

だから、これは韻じゃないです。韻だとしたら不完全韻です。もう一度言うけど、少なくともタイトルにあるように「韻を踏みまくって」はいないです。

 

じゃあ日経新聞はどうしたらよかったのか

じゃあちゃんとした韻を踏んでみよう。まず、何が一番伝えたいことか決める。この場合、明らかに、

東芝・富士通・VAIO統合

が言いたいことだよね?だからこれで踏む。母音は、

おおいあういううあいおおうおう

で、まぁ最後7文字ぐらい合ってたらいいんだけど、せっかくだから全部踏もう。たとえば、まず意味を考えずに適当にやると、

行司がスリル 辛い土俵上!

東芝・富士通・VAIO統合!

とか。これも母音が「おおいあういううあいおおうおう」だから、全部さっきと一緒。これで一応、韻。「行司」「土俵上」が、古文の短歌でいうところの、「縁語」。それはいいんだけど、そのあとの統合の話とのつながりが無さすぎるから後で直す。

 

次に、どこで区切るか決める。

とーしばふじつーばいおとーごー!

って言ってみるとわかるんだけど、「ふじつー」の伸ばし棒「ー」が邪魔。伸ばし棒って母音じゃないから無視していいのね。だからここ縮めて言って、

とーしばふじつばいおとーごー!

にすると、だいぶラップっぽくなるはず。上の二つを実際に言ってみたらわかると思うけど、下のほうが圧倒的に言いやすい。

すると、一文字削れるから、こうなる。

行司が住みづらい土俵上!

東芝・富士通・VAIO統合!

土俵に住みづらいってなんだよって思うけどそれは後で直す。

 

次は踏み始めを意識する。踏み始めは母音だけじゃなくて子音まで合わせておくと、ぐっと韻が際立つ。今回の場合「東芝」の部分。「とうし」「ぎょうじ」は子音が違ってるからここは両方「とうし」に合わせよう。

日経新聞の話だし、「東芝」「投資家」で韻を踏もう。「行司が」「投資家」に変える。

投資家住みづらい土俵上!

東芝・富士通・VAIO統合!

いい感じでしょ?踏み始めが「とうし」で一致するだけでだいぶ聞こえがよくなったはず。

 

最後はちゃんと意味を通そう。投資家が土俵に住まなくていいようにしよう。住みづらいらしいし。

ついでにラッパーっぽくしておこう。とりあえずスキルとかバイブスとかリスペクトとか言っとけばラッパーっぽいから、入れておこう。今回の場合「住みづ」のところに「スキル」は入る。

で、もう行司がどっか行ったから相撲じゃなくていいから「土俵上」はやめよう。「ぞ、相当」とかにしよう。

投資家スキルないぞ相当!

東芝・富士通・VAIO統合!

でどうでしょう?これで意味も通った。ひらがなで書くと、

とうしかすきる ないぞそうとう

とうしばふじつ ばいおとうごう

で、母音が両方「おういあういううあいおおうおう」になるでしょ?

これが韻。ラッパーぽいでしょ?投資家disってるあたりも。

 

まとめ

ちょっとふざけすぎたけど、東芝・富士通・VAIO統合ってやばいな...

 

 

www.amazon.co.jp

 

Twitterやってます。

twitter.com

日本語の韻にはターミノロジーが必要

最近まじで思うのは、日本語の韻にはそろそろターミノロジーが必要だってこと。

要は、その分野がちゃんと学問として発展するためには大勢が議論をしないといけなくて、その議論を活発にする目的で作られた専門用語群。これが欲しい。

 

Grateful Daysに思うこと

年末に武田和歌子さんのラジオに出たときに「Grateful Days」を用意してもらったので、この曲で韻の解説をさせてもらった。

 

Grateful Daysの歌詞を聞いて思うことナンバーワンはサビの「I got」の直後に存在してる謎の一音節はいったい何なんだって話なんだけど、その話は今回は置いておくとして、この曲で踏まれている韻について。

 

歌い出しで、

Turn up radio そう今日も聞こえるよ

風に揺られ流れるStereo

ってあって、これがまぁ、ディ」「」「だから、なんていうか、要は、一文字しか踏んでないのね。だって文末から数えたら、一致してる母音はの一文字だけだから。でもその前の前のの音も合ってるから、三文字踏んでるように聞こえる、と。

で、これが韻かって言われると、もうわかんないよね。

 

Wikipediaで調べると、

韻 - Wikipedia

  • 詩文で、一定の間隔あるいは一定の位置で並べられる同一もしくは類似の響きをもつ語。

だから、まぁ韻といえば韻なわけよ。「一定の間隔」で「類似の響き」は持ってるから。

 

同様にこの後、

肩で刻む軽快なRhythm

思いをのっけて届けるよRhyme

って、もう「リズ」「ライだから一文字しか踏んでなくて、「リ」と「ラ」が同じラ行ってことでしかない。

でも、これをもう「韻」って言いたくないよね。少なくとも2016年の現在においては。

 

念のために言っとくと降谷建志を批判してるわけじゃなくて、これはこの時代としては画期的だったし、この曲以降Zeebraの影響を受けたのかどうかは別として本当にお手本のような固い韻を踏むラッパーになったから尊敬してるんだけど、やっぱり2016年になった今の時代の感覚だと、「韻」って呼ぶには足りない。

「韻」って呼ぶためには、この曲のZeebraバースの

俺は東京生まれHIPHOP育ち 悪そうな奴はだいたい友達

悪そうなやつとだいたい同じ 裏の道歩き見てきたこの街

みたいに、そだち」「もだち」「おなじ」「のまちが全部母音がおあいって感じで、少なくとも三文字は母音を合わせて欲しかったりする。

 

で、そういうことをいうと、さっきのWikipediaの定義とかを持ち出して、「別に語感が良ければ韻でしょ。勝手に定義すんなよ」みたいなことを言われる。だから、そういうことでももう揉めないために、ちゃんと言葉を定義したい。「韻」ってのはどこからどこまでを言うの?

 

広義の韻と狭義の韻

もう一度言うと、ターミノロジーが欲しい。その分野がちゃんと学問として発展するために、議論を活発にするために、みんなが基づける定義が、言葉が、いくつか欲しい。

たとえば「広義の韻」は母音1文字だけ合ってればいい、とか、「狭義の韻」なら3文字以上合ってないといけないとか。で、一般的に「韻」と言えば通常は狭義の韻を指す、みたいな。

 

もうね、はっきり言うと、文末から少なくとも3文字以上合ってないやつは「韻」とは呼ばないことにしちゃわないと、この分野が学問として発展しないと思うんだ。その定義に基づいて議論をしていかないと、毎回「いやでも韻と一概に言っても...」みたいなこと言う人が出てきて話の腰が折られるから。

 

だって、Grateful Daysの頃はよかったけど、いまラップやってる人の感覚だと、母音が2文字しか合ってない踏み方は100%ださくなる。 これは自信を持って言える。仮にかっこよかったとしても、それはそこに含まれるメッセージとかフロウがかっこいいだけで、その「韻」がかっこいいわけではないから。だから、この2文字合わせを「韻」と呼ぶのをやめたい。

 

狭義の「韻」ね。広義の「韻」として、1文字とか2文字合わせを残してもいいよ。でも、一般的に「韻」と言えば通常は狭義の韻を指すってことにしたい。

 

狭義とか広義とかいうのが嫌ならなんでもいいんだけど、ソフトライム/ハードライムとか不完全韻/完全韻みたいな感じで、とにかくなんでもいいから名前をつけて区別したい。

ちなみに英語だと、不完全韻(imperfect rhyme)と完全韻(perfect rhyme)に分かれたあと、完全韻は男性韻(masculine rhyme)と女性韻(feminine rhyme)に分かれるなど、おびただしい量の定義がある。(詳しくは、押韻 - Wikipedia

 

なんとなく日本語ラップでも「ハードライミング」って言葉は使われてるけど、誰かがはっきりと定義してないからあいまいなのがよくない。業界として。日本語の韻って本当に奥が深い文化でまだまだ発展の余地があるから、本当にターミノロジーが必要だ。

 

www.amazon.co.jp

 

 Twitterやってます。

twitter.com

踏む.韻 復活しました

どうも。細川です。

 

2016年は、アウトプットの年にしようと思いまして、踏む.韻のブログを復活させることにしました。 

 

個人的に、2012〜2013年はインプットの年にしようと決めていたんです。で、2014年からアウトプットの年にしようと思ったのですがちょっとミスって、2015年もちょっとミスったので、今年から頑張ります。今年はたぶんいける気がします。

 

なんでいける気がするかというと、去年、声に出して踏みたい韻という本を出版させていただいたのですが、それを売りたいからです。いけそうでしょ。

 

ただ、上記のとおり、この「アウトプット」という目標は一昨年も立てて失敗したやつなんです。毎年やっている抱負ラップの2014年、僕はこんなことを言いました。

 

「今年は一日からTwitterで 情弱同士 気取るぞジャック・ドーシー(※注1)」

 

(※注1)

ついたちから

ついったー

じょーじゃくどーし

きどるぞ じゃっくどーしー

 

ジャック・ドーシーというのはTwitterの共同創業者なわけですが、てっきり注1ってところでジャックドーシーが誰かっていう説明が入るのかと思ったら、そうじゃなくて韻の解説をするのね。これはそういうブログです。

 

この2014年に立ててちょっとミスった抱負を、あらためて、2016年の抱負とさせていただきます。Twitterでもこのブログでも、いろいろ言います。このブログでは、あいかわらず、日常にひそむ韻を徹底的に解説していきたいと思います。

 

今年もよろしくお願いします。

 

www.amazon.co.jp

 

twitter.com